恋愛心理テスト恋愛心理 しぐさ

恋愛心理雑学

女性が好意を持つ上位はスポーツマンが多いですよね

均整の取れた肉体を持つ男性、何かに熱中しているまなざしに惹かれるなど

でもちょっと冷静になって、その人が見た方あがいいかもしれません。

スポーツマンに好意を持つのは、恋愛の勘違いの場合がすごく多いんです。

スポーツマンの方と結婚して失敗したという方も多いのが上記が理由かもしれません。

人は好きな人に会ったときや一緒にいるときに性的興奮が自然に働き、
心臓がドキドキとします。

一方、スポーツをしているときも生理的興奮で、心臓がドキドキします。

このスポーツで、起こる心臓のドキドキを脳が勘違いして、
恋愛をしていると錯覚してしまうのです。

上記を心理学では、吊り橋効果といいます。

スポーツマンのあこがれているあなた 一度、その人が本当に好意を持っていい人か
冷静に判断することが必要かもしれないですよ!

恋愛心理しぐさ

恋愛心理しぐさ 思わぬ失敗に本音が現れる錯誤行為

言い間違えたり、友人から頼まれたことを
忘れてしまったりと思わぬ失敗をしたり、
あなたの周りの人がしてしまうことってありますよね

書類を書き間違えたり、聞き違えたり、
言い間違えたり、行動の思わぬ誤りのことを
深層心理学では、錯誤行為と呼ばれています。

これは本人が常日頃から意識はしている訳ではないのですが、
実は無意識に本人が感じたり、思ったりしている
深層心理の思いが行動に表れてしまうおこる行為なのです。

例えば人から預かったものを壊してしまったとき、
実はその人に対して、
無意識に嫌悪を感じているしまっていることが多いです。

他にも
・年齢を聞かれて、わざとではなく、思わず実年齢より
 低い年齢を言ってしまった場合は、人から
 若く見られたいと無意識に思っています。

・本来は、さんをつけて呼ばなくてはいけない
 職場の人を呼び捨てにしてしまった場合は、
 その人のことを見下しています。

・職場の人や同級生の名前を忘れてしまったとき、
 その人に嫌悪を感じています。

・結婚指輪をはめ忘れたり、置き忘れることが多くなった場合は、
 離婚したいという気持ちが無意識に働いている場合が多いです。

・笑顔で引き受けてくれたはずなのに、その人が頼んだことを
 忘れた場合は、実は、心のどこかで頼まれたことを
 嫌だなと感じている場合が多いのです。

といくつか例をあげましたが、失敗には、
その人の本音が隠されていることが多いので、
人の失敗をみて、自分が人に嫌われるような
人間になっていないかチェックすることも肝心です。